1日に必要な水の摂取量

水は命の源

私たちの生活に欠かせない水は、生活面だけではなく、生きるためにも大切ですよね。人間のカラダの60%は水分でできているんですから、水が人間にとってどれだけ大切なものかが分かります。

人に欠かせないお水ですが、ほとんどの人にとって、水の摂取量は慢性的に不足しているといっても間違いではありません。

ここで、少し考えてみて欲しいんです。あなたは、一日に、食事以外でどれくらいの水分を意識的に摂っていますか?
ペットボトルのお茶とミネラルウォーターを1本ずつぐらいでしょうか?

意外とたくさん!水分の必要摂取量

なんと、成人が1日に必要な水分量は、体重1kgあたり50mlとされています。

てことは、女性で45kgなら2.25リットル、50kgなら2.5リットルが必要。
男性で60kgなら3リットルだし、70kgなら3.5リットルもの水分が必要なんですね。

とはいえ、水分は、
体内の代謝で作られる水分=0.5リットル
食事=1.2リットル
を摂っているそうなので、必要量から1.7リットルを引いたものが、意識的に飲まなきゃいけない水分量ってワケです。

しかし、食事量が少ないと水分摂取量がその分少なくなるので、気持ち多めに何かしら飲み物を口にしたいものですね。

子供の水分摂取量は?

人は、歳を重ねるほど体内の水分量が減っていきます。てことは、子供ほど水分が多いということになるんですね。

さきほど、体の60%は水分といいましたが、これは成人の場合。子供は、7割ほどが水分で、新生児はなんと8割もあるんですって!

そのため、大人で1kgあたり50mlだった必要な水分量も、とうぜん変わってきます。

  • 子供=50〜100ml
  • 幼児=100〜140ml

子供って、たくさん汗をかきますから、本来なら、たっくさんお水を飲まなきゃいけないんですね。

ウォーターサーバー完全比較ナビ トップページへ