高度浄水処理

東京や大阪の巨大都市。一昔前は、お水が不味すぎてどうしようもありませんでしたが、最近では美味しくなり、ペットボトルで販売までされるようになりました。

この、お水が美味しくなった理由こそ、高度浄水処理にあるんですよ。

高度浄水処理ってなんだ?

高度浄水処理とは、その名の通り、高度な浄水処理(笑)
従来の浄水方法と違って、カビっぽい臭いや塩素臭を取り除くだけじゃなく、水道水に含まれるトリハロメタンなどの有害物質の除去ができるようになりました。

何のために高度浄水処理をするの?

従来の浄水処理方法だと、塩素と水に含まれる有機物が反応して、トリハロメタンという発がん性物質が発生してしまいます。

また、水道水に混入するようになり、塩素では殺菌できない寄生虫が水道水として各家庭に届くようになり、集団感染する事故も国内で起こっています。

水の味が悪くなったのもあるんですが、それ以外にも、健康を考慮して高度浄水処理をするようになったんですね。

高度浄水処理の効果

東京都水道局のウェブサイトによりますと、高度浄水処理を行うことで、カビっぽい臭いや、血液内のヘモグロビンから酸素運搬能力を奪ってしまう硝酸態窒素(しょうさんたいちっそ)を100%取り除くことができるようになったそうです。

また、発がん性物質のトリハロメタンについても、60%も除去できるようになったのだとか。塩素で退治できない、クリプトスポリジウムといった寄生虫もシャットアウトできるのは嬉しいですね。

どうしてもコストがかかってしまう高度浄水処理ですが、水道水が安心で安全なお水になってくれるなら、大歓迎です。

ウォーターサーバー完全比較ナビ トップページへ