水道水に含まれる有害物質

日本は水が豊富だから、水道水はおいしい。と思い込んでいませんか?
日本の水道水は、世界的にみてもトップレベルの不味さ。特に、都市部に行くほど味は落ちますよね。

今では、東京の水道水がペットボトルで販売されるほどになりましたが、一昔前の東京の水道水は、とても不味くて一口飲んだらもうパスってほどでした。

水の味の悪さの原因は、消毒に使う塩素。しかし、消毒のために使っている塩素が、逆に私たちの体に危険な状況を作っていることは、あまり知られていません。

高濃度の塩素が人体に与える影響

お腹をくだす原因の1つとなる大腸菌。感染すると、入院沙汰にまで発展してしまう、恐ろしいものです。

日本では、大腸菌への規制が厳しく、水道水から大腸菌が検出されてはいけないとされていて、世界でもトップレベルの厳しさ。

大腸菌を抑えるために、世界有数の安全基準を作っているワケですが、それが、水道水にたっぷりの塩素を与える結果となりました。

塩素は、人の皮膚や粘膜にダメージを与えるんですよ。本当に肌が敏感な人は、普通にシャワーを使っただけで、皮膚に違和感がでてくるんです。

また、塩素を水に入れると、化学反応を起こして他の有害物質(トリハロメタン)が生まれてくるんです。

トリハロメタン

きっと、名前だけは「聞いたことあるな〜」というくらいでしょう。私も、お水のことを調べるまで、そんな感じでした。

トリハロメタンは、消毒のために投入した塩素と、水の有機物が反応してできた有害物質。どんな害があるのかというと、「発がん性物質」なんです(汗)

アメリカのとある都市でガンが多かったため調べたら、水道水に含まれるトリハロメタンが原因だったとして、アメリカ政府もこの事実を認めています。

日本では、1992年に水道水中のトリハロメタンの総量を健康にただちに害のないレベル(1日3リットルを70年間毎日飲んで10万人に1人がガンの恐れなレベル)で規制していますが、そんなのが入っていると分かっちゃうと、なんだか水道水を飲むのがイヤになってきます。

ちなみに、トリハロメタンは、流産を起こすことでも知られているんですよ!

硝酸態窒素(しょうさんたいちっそ)

空気中の約8割が窒素で構成されていて、すべての生物にとって必要なものが窒素。とはいえ、空気中に窒素だけでは生きていくことができず、酸素も必要ですよね。

窒素は、ドイツ語で「窒息させる物質」と呼ばれていて、そのまんま和訳したのが「窒素」というワケ。で、窒素が分解されてできたのが、硝酸態窒素。これも、お水に含まれる有害物質の1つなんです。

水道水や井戸水にも含まれる硝酸態窒素は、血液中のヘモグロビンの性質を変えて、酸素を運べなくしてしまうんですよ。そんなものが入ったミルクを飲んだ赤ちゃんが、酸欠になって顔が青くなって突然死することがあり、ブルーベビー症とも呼ばれています。

戦後、世界で2000例ほど確認されているようですが、普段、私たちも水道水を使ってミルクを作ってても、そんなことはありませんよね。

これは、健康に害のないレベルまで硝酸態窒素の量を減らしているからなんですが、こういった有害物質も水道水に含まれていることは、覚えておいて損はないと思います。

ちなみに、1990年代の水質調査では、調査ポイントのうち約5%で、硝酸態窒素の量が安全基準を上回ったのだとか。この水を浄化して飲めるようにするのですが、水源が汚染されているのは、なんだかイヤになります。

また、硝酸態窒素は内蔵の奇形や糖尿病などと関係があることも確認されています。

まだある有害物質

ほかにも、水道水にはN−ニトロソ化合物やトリクロロエチレンなどの発がん性物質が含まれています。

細かく書くと長くなるのでやめておきますが、とにかく、水道水には有害物質がたくさん含まれているんですね。

まとめ

水道水には、私たちが予想もしないくらいの有害物質が含まれています。

私も、水道水のことを調べるまでは「水道水、美味しくないなぁ」という程度でしたが、この事実を知ったら、飲み水として使うのはイヤになりました。

健康に害のないレベルとはいえ、やっぱり気持ちのイイものではありません。

ウォーターサーバー完全比較ナビ トップページへ